設備用鋼製基礎 ベルベース

業界注目の新工法

ベルベースは株式会社ベルテックにより開発された、これまでになかった鋼製基礎です。
コンクリート基礎に比べて大幅なコストダウンを実現し、安定した品質、短工期、省力化、軽量化等の優れた長所を発揮します。
まさに今、建設業界で注目を集めている画期的な新工法です。

> ベルベースHP(外部サイト)

また、基礎の設置工事に付きものの漏水事故発生のリスクにも強い設計となっており、当社の防水技術との相乗効果により雨水の侵入を防ぎます。

防水を熟知した製品設計と施工技術

建築物の屋根に求められる最も大切な使命は雨水の浸入を許さないことです。
基礎の設置工事は、陸屋根に施された防水層の所用部分を一時的に撤去して進めるため、漏水事故発生の危険が常につきまといます。
防水を熟知した製品設計と施工技術により、既存防水層と干渉しない施工や、防水層を撤去しても漏水事故の確率が低い施工が可能です。

短工期・低コスト・長寿命・軽量化

従来のコンクリート基礎を設置する場合、配筋→型枠設置→コンクリート打設→型枠解体等の工程を経るため、数日間で基礎を設置することは難しいことでした。
ベルベースの設置は、工場生産の既製品をアンカーボルトで固定するだけの「乾式工法」なので数日間の工期で完了します。
そのため施工の環境や条件が厳しく、休日しか施工日を得られないような場合にも柔軟な対応が可能です。

また、工期の短縮や工程の簡略化が可能なため施工費用も大幅にコストダウンが可能です。
さらにベルベースは鋼鉄製のため、適切な防錆処理を施すことで長寿命が実現できます。
コンクリート基礎に比べて非常に軽量なので屋上の荷重増加が少なく、耐震性能に余裕が少ない建物でも設置できるケースが多くあります。

ベルベースの施工事例

京都タワー(京都市下京区)

施工前

施工前

施工後

日本生命貝塚グラウンド(貝塚市)

施工前

施工前

施工後